二次会の服装は何を着たらいいか?

気になる二次会の服装は何を着るのが正解?

結婚式の二次会、招待状には「平服」と書かれている場合がありますが、
そもそも平服って何?!何を着ていったらいいの?とプチパニックに陥る人も少なくないようです。
そこで、結婚式の二次会にふさわしい服装について調べてみました。

平服ってどういう服の事?

「平服」という言葉の意味自体は、「普段着、日常の衣服」という意味だそうですが、
それだと、普段ジーンズにTシャツという人はそれで結婚式の二次会に出てもOKという事でしょうか?
さすがにそれはまずいですよね。
この場合の「平服」とは、礼服と普段着の間、男性ならダーク目のスーツが適当でしょう。
女性でしたら同じくスーツやワンピースがそれにあたります。

 

男性の場合

二次会の会場にもよりますが、フォーマルな場所でしたら濃紺やグレーなどのダーク目な色のジャケットがおすすめです。
自分らしさや華やかさを演出したい場合は、ネクタイやシャツのカラーで遊んでみて下さい。
またお祝いの場である事に変わりはないのでチーフなどで彩りを添えてもよいでしょう。
変わったところではデニム生地を使ったジャケットやパンツなどもオシャレですが、
ドレスコードに引っかかってしまう場合も考えられますので自薦の確認が必要と言えます。

 

女性の場合

普段ドレスやキラキラのワンピースを着る機会なんてそうないので、二次会でのおしゃれが楽しみな女性は多いのではないでしょうか?
女性の場合はドレス専門店などもあり、選ぶのにそう苦労はないでしょうが、
新婦よりも目立ってしまうようなものや、ドレスと被るような白色、あまりにスカートが短い、露出が激しい等は控えましょう。
小物は黒などはなるべく避け、パールやラメ使いの華やかなものを取り入れる事でお祝いらしさが生まれます。
ヘアスタイルやアクセサリー、バッグや靴といった小物にも出来るだけ気を配り、控えめな中にもあなたらしさを演出して楽しんで下さい。

二次会自体の参加も楽しいですが、ぜひ参加するための服装選びから楽しんで、オシャレしてお祝いしてあげて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ